2016年10月27日木曜日

太極拳とゴルフ(2)

前回はアドレス時に行う事を下記の通り申し上げましたが、今回はスイングそのものについて説明したいと思います。
①命門を出して立ち、命門が吊るされている事を意識する。
②意念は丹田に置き、雑念を捨て気を静める。
③重心は通常言われるようなつま先重心では無く踵重心で立つ。

基本的にはゴルフの練習場等で教える形をまねて頂ければ良いのですが、いくつかの特徴があります。
①スイングは速さを求めずゆったりと振る。
②丹田の力を伝える為、太極拳で言うところのファンソンを行う。
  太極拳をやっておられる方ならお分かりと思うが太極拳では力を抜いて力を出す。即ち単なる脱
  力とは区別してこれを放松(ファンソン)と呼んでいる。
③テイクバック時点では意念(イネンと読み強い意識)を丹田に置きどっしりと構える。
④ダウンスイングでもスピード追わず重さを伝える事を意識し、放松でゆったりとクラブを降ろして
  くる。
⑤クラブがボールの10cm手前に到達してから発力(発勁)を行う。 即ち速度が上がるのはボー
  ルのほんの手前からとなる。
⑥発力を行った後も頭は上げずボールがあった位置を見つめ、クラブは正面に向いてお臍の延長
  線上にある。この形を残身として重視し、何度も繰り返しこの型を練る。練る際には通常の速度      とゆっくりな速度との2種類で練り上げる。
⑦尚、上記⑥で重要なのは最後にクラブが臍の延長線上でビシっと伸びきる事重要です。
  又右足は実際は地面から上がるのですが、意識としては足はべた足であがらず、体だけが回っ
  ているというより意識としては下半身のみが回っているという身体意識で打つ事が肝要です。

上記の特徴を要約すると筋力に頼らない発力(発勁)を使い、且つ重さを伝えるように打つ事です。これを実践すれば年齢に関係なく飛距離の出るゴルフを楽しむ事ができます。
尚、言わずもがなですがゴルフのスコアを纏めるには又別の要素が大事で、例えば
a. ドライバーでは距離よりもフェアウエーをキープする事が大事
b. 100ヤード以内の距離感とアプローチが重要。
c. パッティングの正確さ、とりわけ3パットをしない事
等でスコアが纏まるかどうかが決まってきますので、私が述べた太極ゴルフはスコアに直接的には結び付きませんが、齢を取って体を傷めず、功夫(内気の増大による威力の増大)が上がるにつれ飛距離も伸びてゆくゴルフを楽しめるというメリットはあるかと思います。




0 件のコメント:

コメントを投稿