2001年4月8日日曜日

太極拳の速度

 太極拳のスピードはどうしてあんなに遅いのか?又あんなに遅い速度で武術として使えるのか?との質問を度々受けるのでここに小生の考えを纏めておこうと思います。
  1. 太極拳のスピードはどうしてあんなに遅いのか?

    • まず最初に太極拳は気功であり、気功を通じて威力を獲得するのです。この獲得された威力を功夫(コンフ)と言います。この気功はスピードが速くてはできない代物です。気功はまずファンソン(脱力状態)になり、意念を使い気がどこから入りどこに出て行くかを意識しながら行います。従いどうしてもスピードが遅くなるものです。
    • 次に太極拳の動作のギアを作る事が太極拳の型である套路の目的の一つでもあります。このギアは正確に仕上げていく為鋳型に熱い鉄を流すようにゆっくり行う事が必要となります。これが完成すると太極拳の単なる技だけでなく武術的身体ができるのです。
    • 最後に套路の中では意念を鍛える事もその目的の一つとしてあります。これもスピードが速くては意念を鍛える事はできません。ですから発力(ファーリー/発勁の事)の際もしばしば意念をもってゆっくりと発力をします。
  2. 太極拳はあんなに遅い速度で武術として使えるのか?
     太極拳のゆっくりとした速度はあくまで套路においてであり、実戦は又別物です。上にも書いたように太極拳は意念を鍛え、又推手等で聴勁も鍛えるので、相手の動きの察知も素早くなり、相手の動きが速ければ相手に合わせ速いスピードで動けるようにもなるのです。小生が教えて頂いた朱鋼老師は推手の時は凄く重く遅いのですが散手(自由組手の様なもの)では驚く程素早く動かれるのでビックリした事を覚えています。小生はそこまでの高いレベルに行っているとは言い難いですが以上が太極拳の速度に関する小生の考える処です。

0 件のコメント:

コメントを投稿