2018年6月1日金曜日

私がいた頃の北京武術界

私が北京にいたのは1993-2003年位でした。此の頃北京では陳式太極拳と言えば皆口を揃えて馮志強老師、楊式太極拳と言えば劉慶洲老師、呉式太極拳と言えば李秉慈老師と言われていました。その他には呉式太極拳と八卦掌を教えている王培生老師、形意拳、八卦掌の駱大成老師、大成拳の王選傑老師と伝説上の名人が多く居られた時でした。当初はそういう事情は知らず、偶然出会えた馮志強老師の幸運に感謝し、他の老師方には目もくれず練功に明け暮れる毎日でした。私はある事情で長富宮飯店に泊まって朝練習をしていた時期がありましたが、そのホテルでは毎朝太極拳の表演をホテルの庭園で行っていました。そのメンバーの一人が劉慶州老師の息子で劉連有でお互い顔見知りとなりました。同氏は現在慶洲太極拳推手研究会会長ですが、当時から推手も強いとの噂がありました。北京で制定太極拳をやっている人は劉慶州の影響を受けている人が多く、勁が出ている立派な太極拳を打っている人が多かったのを覚えています。因みに、我々馮志強の門下の人間は制定太極拳は出来ず、というのもある人が制定太極拳をやってた処を馮老師に見られ老師が发脾气(ファーピーチー)日本語でいる癇癪を起したと言われていたので誰もする人がいませんでした。
日本で制定太極拳をやっている人で勁が出ている人が少ないのは、このような伝統太極拳をやっている老師が教えていないからだと考えています。制定太極拳は楊式をベースにしている為(特に簡化24式)伝統楊式拳の老師が教えるのが繋がりが良いと考えています。
因みに太極拳の大会で数々の優勝をかざられた遠藤靖彦先生は馮志強老師、劉慶州老師、陳小旺、周元龍老師とも推手をされたとの事です。

2018年5月1日火曜日

套路はゆっくり打つのか?

套路はゆっくり打つのか? と聞かれれば太極拳なんだから当たり前と言われると思います。然し、私の理解は少し違います。太極拳は精密に打つのがしっくりくる感じです。陳式太極拳に於いては一般に小架式は緊湊(無駄なく精密にまとまっている)、大架式は舒展大方(伸びやかに大きく)と言われていますが、この精密に打つ事がこの大架式に於いても大事であると考えています。精密に打つ結果として速度が遅くなるというのが実情であると思います。というのは一式、一式、意念を用い、正しい勁を出していこうとすればやはり打つ速度が遅くなります。又、この精密に打つ事ができなければ相手の攻撃に対し素早く対処できないのが実感です。精密とは意念、勁ともギリギリまで感度を高めれば当然速くは打てない訳です。こうして感度を高める事によって素早く動く基礎が作られているように思います。その基礎が出来た段階で速く打つ事も必要です。これは陳発科老師の教えにもあるように套路は速くも打てなければなりません。但し、あくまでも精密に打ててから速く動く事が肝要です。精密に打てずに速く打てば套路が雑になります。意念も雑になり、勁も出てきません。例えば掩手肱捶は陳式太極拳の典型的な打撃の招式ですが、殆どの人がここで発勁を行い、速く突きます。この場合打つ手が纏糸勁が出ているかどうかは非常に重要なポイントです。空手をやっていた人の多くは正拳突きの要領で手を捻じって螺旋回転させてはいますが、纏糸勁が出ていない人を多く見受けられます。纏糸勁が出ているかどうかはゆっくり打った時にもう一人の人に両手で拳を強く包んでもらい、その状態でも手が回転するようであれば纏糸勁が出ていると言えますが、多くの場合回転できずに止まってしまいます。速く打てば纏糸勁が出ているかどうかは誤魔化せますが、ゆっくりだと誤魔化せなくなりますし、他の人は見ているだけで分かるようになります。このように纏糸勁が出てから速く打つと太極拳の突きになっていきます。又別の言い方をすれば、打つ際に丹田から直結した感じが出てくれば速く打っても良いでしょう。このように一つの招式を完成させるのに精密に作っていく為、動きが当初はゆっくりとならざるを得なくなるというのが正直な感想です。

2018年4月1日日曜日

目指すべき太極拳

太極拳を専門にして一日8-10時間練習し、太極拳を極められている方は日本にもおられます。又人間的にも尊敬できる方も多くいらっしゃいます。それらの方々は我々が目指すべき頂の道標として大変な貴重な存在だと考えています。ただ、小生はそれほどの実力、功夫もありませんので、それとは別に、一般の仕事を持った忙しい社会人が何処まで行けるかの一つの道標を作りたいと考えています。少ない練習時間を効率よく使い、功夫を高め、太極に近づけるのは何処までかを実践し、示していきたいと考えています。というのも一般の人達に太極拳を普及するとなれば、何時間も時間が取れないのが現実です。仕事も忙しい、家庭も忙しい、こういった人が殆ど大半であると考えています。然し普及となればこういった一般の方々ができるようにならなければいけないとも考えています。これらの人が太極拳を専門に行っている人とは比ぶべくもありませんが、ある程度の功夫と伝統太極拳の醍醐味が味わえるレベルになるような道筋を作る事も大切であると思っています。普及とは「底辺は広く頂は高く」が原則で両者は相互に依存しあう関係にあると思っています。斯かる底辺の拡大が将来的には頂きの高さに結びついてくるのであろうと期待もしている訳です。それには自分がまずは実践し、生徒がそれを証明する事が必要であると考えています。従い、現在小生の教室では私が中国で受けた教育に工夫を凝らし、一般の方を教えています。この試みがうまくいけば太極拳も日本に根付き第二の陳発科、馮志強といえる名人が多く輩出されると期待しています。

2018年2月26日月曜日

套路の練習

馮志強老師との練功の際には幾人かの弟子と練功する場合もあればマンツーマンで練功する場合もありました。マンツーマンの練功の際には自分が横を向けば老師が横に移動され、後ろを向けば後ろに移動されるという具合でした。その度に恐縮して私が移動しようとするのですが、手で制されて老師が移動されるという具合でした。それで何を学んだかたというと呼吸と動作だと今になって分かります。段々と練功の回数が増すに従って呼吸と動作が似てくるのです。それは目に焼き付いているし、体に染みついているので忘れられないものとなってきます。こうして套路が次の世代に受け継がれていくのであろうと思います。従い、当時馮老師に見せて頂いた色々な技等も、その時出来なかったものが、ここに来て出来るというようなものも少なくありません。あんな気で人を動かすなんで老師は出来ても自分は出来ないと思っていましたが、それらの事も自然と出来る身体になってくるのですから不思議です。しょっちゅう老師にお会いして練功すれば、何が違うといって、呼吸と動作が染みついてき来るのが最大の違いです。年に一二回お会いするよりも、年に5-6回お会いする方が良いでしょうし、毎週お会いできれば更に良い事になります。ある北京陳式の大会でアメリカから来られた学生の方が北京の弟子や学生はなんで功夫があがるのが速いのかという話をしていた事がありますが、その内の一つが套路の練り方にあると言えるでしょう。

2018年2月1日木曜日

馮志強老師の雑談

雑談1
ある時馮老師と雑談していた時、以下の話をお聞きしました。
それは馮老師が深圳の太極拳の表演に出るため深圳に出張しておられた時の話でした。
表演は翌日なので深圳の公園で太極拳を練習されていたら、あるおばさんが近寄って来られました。
おばさん曰く
「あなたの太極拳はなかなかのものだが、まだまだです。私はもっと凄い人を知っている。」
馮老師
「ほう、それは誰でしょうか?」
おばさん
「その人は北京にいる。」
馮老師
「その方はなんというお名前でしょうか?」
おばさん
「馮志強です。」
馮老師は吹き出しそうになったのを堪えて、
「そうですか。」
とだけ言われたそうです。

雑談2
ある時内功の話を馮老師と話していた時、「会陰」の話が話題になりました。その時に以下の話をして頂きました。
それはある外人の女性グループと内功の説明をしてツボである「会陰」から気を取り入れるという話をした時、一人の女性が「会陰」はどこにあるのですか? と突然聞かれたそうです。馮老師は女性のアソコとも言えず困ったと言っておられました。達人でも突然の攻撃に受けられない事もあるのかと思った次第です。

2018年1月2日火曜日

太極拳の不思議

武術以外の目的で太極拳をやるのは健康が主な目的でもあったりするが、 通常武術を嗜んでいる人が太極拳をやろうというのは強くなる為であると思う。 私の教室にも多くの武術愛好家が強くなる為に太極拳を習いに来ています。私も強くなる為に太極拳を始めました。ただ、太極拳をやっていくと多くの人が勝つか、負けるかはどうでも良くなってくるのも事実です。私も以前程、組手や勝負に対する拘りがなくなってきました。これはどういう事かと言えば太極拳の本質に根差した問題と考えています。太極拳は無極、太極、陰陽、無極と移りゆく一つの世界観で、陰陽のバランス、調和を基本としています。これが身についてくると調和が身についてきます。一方的に倒すとかではなく、調和の中で身を守れれば良いかっという考えになってきます。ガツガツ勝つ事もないかとなってくるのです。又、この無極が曲者で無極を体現する為には無になるわけですが、全ての念を落としてしまうので、そこには相手に勝とうとかの意識も無くなってしまうのです。無極になって初めて相手が自分、自分が相手という感覚になってきて、相手の事が自分の事のように把握せられるのです。そうなった場合、相手、自分というのは自分の我見である事が分かってきます。海の波をそれぞれ独立したものと認識しているのと同じ事です。全ては一体のものなのです。ここが実感として分かってくると、そこには相手を倒そうとかの気持ちも無くなってくるのです。然し、逆に相手の動きは良く見えるようにもなるのですが。
このように太極拳を追及する過程で、太極の思想が自分の中に入り込んで、自分の血肉となってきたら人を倒す事はどうでも良くなってくるのです。そして太極を追及するようになってくるのです。馮老師は「太極拳はいささか了解しているが、太極は終わりの無い道である。太極拳を修行している人は全て同道の士である。」と言われていました。最近はその意味が身に染みてきているこの頃です。ひょっとして太極拳を創った人はそれが目的だったのでは無いかと勘ぐっています。要は血の気の多い武術家に太極拳を道具として与え、その道具を利用して太極の道に引きずり込もうとしているのではないかと。私だけでなく、うちの教室に来ている武術の高段者は自然とこの拳を修めているとそうなっていってるのですから、この推測もあながち間違っていないのではと思います。即ち、太極が目的、太極拳は手段の一つという訳です。しかし、それが分かった時はもう後戻りのできない処に来ているのです。自然と太極を追及する自分がいるのに茫然としてしまうばかりです。これが太極拳の不思議だと最近つくづく思います。

2017年12月7日木曜日

芦原先生の思い出

極真会館芦原道場の時に松山に合宿に参加した時の事です。確か夕方になって芦原先生が大山館長の事を突然語り始めました。遠くを見るような目で「大山館長も遠くに行ってしまったからな~」と寂しそうにボロッと言われました。周りにいた我々は反応のしようもなくただ聞いていただけでした。当時は東京本部の批判もされる事が多くなっていましたので意外な感じもしました。本当は大山館長が好きなんだな~と感じた次第です。
その後、中村忠師範(当時既に極真会館を去られていました)の話になりました。
ある合宿で門限を破り他の道場性と飲んでいた処を中村師範に見つかって合宿所まで連れて戻られたのでした。当然、合宿所に戻ったら絞られると思われた芦原先生は中村師範が振り返れば殴ろうと手に石を持っていたそうです。ところが合宿所に着くと中村師範は後ろを振り返らず早く寝るように言われお咎めが無かったのでした。芦原先生は本当に虚しい気持ちで石を捨てたと言われていました。
もう一つの話は中村師範と組手で顔面に突きを入れた処、中村師範の顔がプーと真っ赤に膨れ上がったそうです。その時中村師範の仕返しがあるかと思いきや、師範から「芦原、お前も強くなったな~」と言われただけで拍子抜けしたとの事でした。
斯かるエピソードの後中村師範は立派な人だと言われていたのが印象に残っています。非常に尊敬されていました。極真会館も中村師範が残られておれば分裂はなかったのではと思います。